スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかの進化

はい! めだかの時間ですよ~~~
♪(/・ω・)/ ♪

今日は、2色3色について 私なりに解説してみたいとおもいます。

* ヒカリ体型のヒカリ色、幹之などの体外色、体内色、ラメ色を除き進めます。

★2色  ・ブチ系 当然、めだかの体色+ブチの黒色素
     ・透明鱗系 めだかの体色+透明になった鱗(うろこ)部分で、2色に見える

★3色  ・2色のブチめだか+透明部分で3色に見える。


余談ですが、紅白のめだかを作る為、楊貴妃と白めだかを掛け合わせている方が昔いましたが、絶対とは言い切れませんが
上記の事から
普通の楊貴妃や白めだかでは ほぼ出来ないと思います(´・Д・)」 ハイ


はい! ここまでで、めだかの体色 (に、見える部分色)を除くと 
結果
・2色なんですyo
・3色の白は白色素ではないという事 (難しく言うと話も長いので簡単に)
・3色には透明鱗が必要

ここまでが 今までの2色3色


そして本題(・Д・)ノイマカラダヨ


そして現在、驚きのブチ以外の黄色色素!

固定して世に送り出してくれた作出者様達に本当に感謝ですよw( ̄o ̄)w

私的には、幹之以来の衝撃的な進歩だと思うんですが 皆さんには この事実どう見えているのでしょう。
黄色色素といえば オーロラ幹之やカブキなど今では様々出てきましたね。

黄色幹之
静楽庵様のホームページより引用)
20160117141248f10.jpg

白いめだかに黄色いブチが入る こんな表現すると 分かりやすいかな もう一度、聞きますけど(笑) 物凄い事でしょ?

初心者の方や間違えてとらえていた方、めだかの歴史的な前進なんですよ。

確かに、綺麗なめだか、珍しいめだかも素晴らしい事 黄色い幹之も凄い事です

しかしそれよりも、もっと凄いことが
★黒いブチ以外に黄色いブチこれが、出現した事、固定してる事!←はい!テストに出ま~す(ノ∇≦*)アハハ

これが出来ると、新しいめだかを作ろうと考えていた方も 昔の夢や、今まで出来なかった事の扉が開き
現実になって来て 想像力も豊かになってワクワクしている人も多い気がします。 (´ω`人)デスヨネ

話長いですね(^-^)/ハイ マトメ

めだかの教科書があるとすると、最初に書かれているような話 思い出してみましょう
めだかにある色素は4色
白 黒 黄色 虹色  知らない人は 覚えておいて? 
めだかには 赤色素はないですよ 鯉や金魚には赤はあるけど めだかが赤く見えているのは4色で作られています。
 
現在 黒、黄色はブチのような形で現れています (((o(*゚▽゚*)o))) あと2色残っていますね~
笑われるような話も 現実に近いのではないでしょうか?
2、3色の主流が透明鱗系でしたが 今後の主流が変わってきますね 黄色もオレンジに赤に近いオレンジに
鯉のような表現も 透明鱗系よりいろんな意味で向いていると思います。

今年も ますます人気の出る系統の めだかだと思います。
(>_<) フー 読んで頂いた方 お疲れ様でしたw
 
長くなりましたが 私なりの考えでした 少しでも参考やヒントになれば幸いです。


↓↓↓参考になった人もならなかった人もw
ポチッとして頂けると 河童堂の只今のランキング
めだかの人気ブログがご覧頂けます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

内容の件 了解です(^^)v 

マップの方に連絡先も載っているので よろしくです。
プロフィール

河童堂

Author:河童堂
鹿児島県伊佐市の小さなめだか屋の気まぐれ日記

リンク
ランキング
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。